Petržalka

スロバキアでのワーキングホリデーを経て、フリーライターになりました。

11月

11月は、雨宮まみさんのことを思い出す。

 

たぶん、これからも毎年だと思う。

 

まみさんの書いたものを読んで、救われたことは何度もある。たぶん私だけではない。

 

それは、力強く、優しさがあって、だけど弱いことも認めていて。この人の書いてくれる文があればこの先も生きていけるな、と思った。

 

そんなふうに感じた頃、雨宮まみさんはこの世からいなくなった。

 

11月、そのことを思い出して、空を見上げて、ふと思った。

まみさんは使命を全うしたから、この世からいなくなったのだろうか。

私のような弱い人間に、生きぬく力をくれた。人の死は、きっとどのようにも納得できない。残された人が決めることなのか。わからない。

 

だけど、雨宮まみさんのように優しい人がいたということ。優しい人の書く文章から、力をもらったこと。そのことは、間違いなく私にとって、意味のあるものになった。

 

 

一人の人間は、星座のように、どこかで見えるか見えないかの線でつながっていて、孤独を慰め合い、見守り合い、互いの孤独な戦いの美しさを、讃えあっているのである。

 

www.mochiiejoshi.com